チェーン店より個人のお店の違い

マッサージを受けることが大好きで、よくマッサージに行きます。
私が感じたチェーン展開しているマッサージ店と個人で開いているマッサージ店の違いについて気づいたことをまとめます。
まず、マッサージサービスのはずれがないのは、チェーン店です。
もちろん施術者との合う合わないもありますが、どのスタッフもある程度の基準のマッサージの腕に達していることが多く、
そんなにはずれを感じることはありません。
逆に個人店の場合は、施術内容を顧みることがないからか、あたりはずれが店によって大きいです。
また、店主のごり押しというか、これが効くというのをひたすら施術されることなどがあります。
ただ、個人店のメリットとしては、勧誘が少ない点です。
来てくれるお客さんがいればいいという方が多いようで、あまりしつこく勧誘されることはありません。
ただし、チェーン店のマッサージ店の中には、時々、しつこい勧誘をしてくるお店があります。
おそらくお店の目標などがあるのでしょう。またしつこくはがきなどでサービス券を送ってくるのもチェーン店の特徴です。
悪徳業者ではないので、ある程度、勧誘慣れしている方であれば断ることができますが、
せっかく気持ちよくなったところに勧誘されるのは、あまり気持ちいいものではありません。
私はマッサージが大好きなので、個人店チェーン店どちらかに偏って行くことはありませんが、このような違いを頭に入れていてお店を選んでいます。

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です